閉じる

仙台のデジタルスタンプラリーで5万6000円分不正入手の疑い 40代夫婦書類送検

 仙台市のデジタルスタンプラリーで5万6000円分の電子商品券を不正に入手したとして、宮城県警泉署は13日、電子計算機使用詐欺の疑いで、泉区の40代夫婦を書類送検したと発表した。不正入手した商品券は外食や買い物に使ったという。

QRコードを撮影し利用

 署や市によると、不正があったのは昨年10月~今年2…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ