閉じる

福島・甲状腺がん訴訟 「原発事故影響、可能性はゼロではない」原告陳述 東京地裁弁論

 東京電力福島第1原発事故に伴う放射線被ばくで甲状腺がんになったとして、当時福島県内に在住の6~16歳だった男女7人が東電に損害賠償を求めた訴訟の第5回口頭弁論が15日、東京地裁で開かれた。原告の男女2人が意見陳述し「事故が影響した可能性がゼロではない」と述べた。

 原告の20代の男性は「まさか20歳…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ