閉じる

大谷、朗希、160キロ刻んで伝説の起点に<つなげ白球の夢 岩手県営野球場の記憶(上)記録>

 「スピードガンが壊れているんじゃないか」

 「そんなこと、あるはずはない」

 岩手県高野連理事長だった田巻晃さん(63)は県営野球場(盛岡市三ツ割)で関係者に問われ、反論したことを鮮明に覚えている。

 2012年7月19日。自身もスコアボードの球速表示に目を見張った。「160km」だった。

 夏の高校野球…

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ