閉じる

甲状腺がんの経験共有 郡山でシンポ、当事者登壇「もっと声聞いて」

 東京電力福島第1原発事故後に甲状腺がんと診断された子どもへの支援を続けているNPO法人「3・11甲状腺がん子ども基金」(東京)は郡山市内でシンポジウムを開き、甲状腺の摘出手術を受けた当事者が「もっと声を聞いてほしい」と訴えた。

 登壇したのは福島市出身の大学生林竜平さん(22)。原発事故当時は小学4…

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ