閉じる

希望の風待ち、港を照らす<海道をゆく 復興ロード530キロ 気仙沼湾横断橋>

 震災後、東北の太平洋沿岸を走る三陸沿岸道、仙台東部道路、常磐自動車道は1本の「海の道」としてつながった。八戸市から、いわき市を結ぶ延べ530キロの道のり。被災地の今を訪ね「海道」をゆく。
(写真映像部・佐藤将史)

 夕暮れの海の上を車が行き交う。三陸沿岸道の気仙沼湾横断橋(全長1344メートル)がライ…

残り 346文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集