閉じる

客足再び 若者が知恵絞る 岩手・盛岡 材木町よ市50年(上)決起

 通りが歩行者天国になると、次々と屋台が並び始める。毎週土曜の午後3時過ぎ。「材木町よ市」の始まりだ。

 色鮮やかな花や野菜。辺りには、蒸しガキの磯の香りや焼き鳥のにおいが漂い食欲をそそる。子どもは綿あめにかぶり付き、大人たちはビールジョッキを重ねて笑い合う。

 盛岡市中心部の材木町商店街に約100店が…

残り 1061文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ