閉じる

女川原発差し止め訴訟、仙台地裁で24日判決 「避難計画の実効性」が争点

 宮城県石巻市の住民17人が東北電力に女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働差し止めを求めた訴訟の判決が24日、仙台地裁で言い渡される。政府が了承した原発の避難計画に焦点を絞った全国初の訴訟で、原発30キロ圏の約20万人が対象となる広域避難計画の実効性の有無を司法が判断する。東北電にとり、2024年2月に予定する再稼働に向けた大きなヤマ場となる。

住民側「30km圏内から長期間脱出できない」

 主な…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ