閉じる

「適正事務の確保へ取り組みを強化する」 仙台市長、定例会見で源泉所得税の徴収ミスを陳謝

 郡和子仙台市長は23日の定例記者会見で、源泉所得税の徴収ミスが2018年から5年間で計264件、1883万円に上った全庁調査の結果を受け「大変申し訳なく思う。適正事務の確保に向けた取り組みを強化する」と陳謝した。

 「複雑な税制度に対する職員の理解不足があった」などと原因を分析。「単純なミスはあり得…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより