閉じる

地域おこし協力隊、インターン東北で広がる 業務体験しミスマッチ解消図る

 過疎地などに移住して活性化を担う地域おこし協力隊制度で、2週間~3カ月間、業務を体験できるインターンが東北で広がりつつある。参加者に移住後の具体的なイメージを持ってもらうことで、協力隊員と受け入れ側のミスマッチを防ぐ効果が期待できる。自治体がインターンを多数受け入れて関係人口の増加に結び付ける動き…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ