閉じる

宮城・加美で「切込焼」展、茶わんなど300点並ぶ 蛇が巻き付く骨つぼも

 宮城県加美町宮崎地区の伝統工芸「切込(きりごめ)焼」を受け継ぐ陶芸家、三浦征太郎さん(33)の作品展「三浦陶房展」が同町の陶芸の里ゆーらんどの古民家で開かれている。7日まで。

 茶わんなど普段使いができる作品を中心に約300点を展示。蛇が巻き付いている骨つぼなど個性的な物もある。

 三浦さんは「見て楽…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ