閉じる

宮城・三陸のホタテ生産者、中国の禁輸措置に募る不安 放出後の買い支えの動きを励みに

 東京電力福島第1原発の処理水海洋放出に伴う中国の水産物禁輸で、宮城県三陸地方のホタテ生産者が不安を募らせている。圧倒的な生産量を誇る北海道産が輸出から国内流通に回ったことで単価は下がり、販路が縮む。放出開始後に広がりつつある買い支えの動きを励みに、生産者は漁場に向かう。(気仙沼総局南三陸分室・高橋…

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ