閉じる

宮城県がひきこもり支援へ「オンライン居場所」開設 アバター動かし交流や相談可能 10月2日から

 県はひきこもりの人の支援策の一環で、ウェブサイト上のアバター(分身)を用いた交流や相談ができる「オンライン居場所」を10月2日に開設する。名称は「おらんちラウンジ」。対面での相談に行きづらい人に、本人の好きなタイミングで会話したり顔を見せたりできる場を提供する。

 「おらんちラウンジ」は、ウェブ上に…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ