閉じる

宮城県内の交通事故死、前年上回る 10月末で39人 行動制限緩和が影響 県警「漫然運転に注意を」

 県内の交通事故の死者数が10月末現在、前年同期より12人多い39人となり、昨年1年間の37人を上回ったことが、県警のまとめで分かった。事故要因別では、車線逸脱による死者が20人と半数以上を占めた。

 過去5年間の交通事故死者数はグラフの通り。新型コロナウイルスの感染拡大前の2019年は65人と最も多…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ