閉じる

「大雪」宮城県内は穏やかな朝 各地の最低気温、平年を1~5度上回る

 7日は二十四節気の「大雪」。本格的な冬を迎え、平地でも雪が降り始める頃とされるが、宮城県内は前線に向かって暖かい空気が流れ込んだ影響で冷え込みが緩み、穏やかな朝を迎えた。

 仙台管区気象台によると、朝の最低気温は大崎市鹿島台と栗原市築館氷点下0・1度、仙台市新川0・0度、丸森0・3度、仙台4・3度な…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ