閉じる

<東北の本棚>精髄、平易に楽しく解説

◎華厳という見方 玄侑宗久 著

 「華厳経」は、お釈迦(しゃか)様が菩提(ぼだい)樹の下で深く瞑想(めいそう)し、ついに悟りを得た時に見えた世界を描いた経典だ。福島県三春町の臨済宗福聚寺住職で芥川賞作家の著者は、50歳を過ぎてから華厳経を通読し、深遠な味わいに目を見張ったという。

 本書は、著者が講演で

関連リンク

関連タグ

最新写真特集