閉じる

処理水放出、2023年度最後の4回目完了 24年度は1.8倍、5万4600トン計画

 東京電力福島第1原発にたまる処理水を巡り東電は17日、本年度最後となる4回目の放出を完了した。2月28日から19日間かけて7794トンを流した。周辺海域の海水や魚の放射性物質トリチウム濃度に異常は確認されなかった。

 東電によると、17日午前3時半ごろ、放出量が計画量に達し、処理水の送水を停止。約9…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ