閉じる

宮城県庁でオフィス改革進む 机・テーブル新調やレイアウト変更 職場の魅力アップで業務効率化狙い、採用試験応募者増も期待

 県庁のオフィス改革が進んでいる。机やテーブルの新調やレイアウト変更によって業務の効率化を図ると同時に、職場の魅力アップを狙っている。県は「減少している職員採用試験の応募者増加にもつながれば」と期待している。

 立ったままの「立ち会議」ができるテーブルに大きなモニター、電話に煩わされず仕事に集中できる…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ