閉じる

ハンセン病差別の苦難知って 仙台市教委の教員研修で元患者家族が訴え

 ハンセン病問題をテーマにした仙台市教委の教員研修が19日、宮城野区の市教育センターであり、市立小中学校の教員約120人が参加した。

 講師を務めた市民団体「ハンセン病問題を考える市民のつどい・みやぎ」共同代表の関口真爾(しんじ)さん(51)がハンセン病を巡る歴史などを紹介。父親(故人)が元患者で県内…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ