閉じる

福島・吾妻山麓で開発進むメガソーラー、大雨で造成地から泥水流出 住民が災害発生に不安募らせる

 福島市西部の吾妻山麓で開発が進む大規模太陽光発電所(メガソーラー)を巡り、地元住民や市が工事の影響による災害の発生に不安を募らせている。市内に大雨が降った2日には、傾斜地にある発電所の造成地から泥水が麓の県道に流出した。市は、指導権限がある県に工事の中止命令を求めることも辞さない構えだが、県は不要…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ