閉じる

構想会議(6完)多重防御、浸透しきれず

 東日本大震災の巨大津波は災害に対する国の考え方を転換させたといわれる。

 「防潮堤を中心とする最前線のみで防御することは、もはやできない。大自然災害を完全に封ずることができるとの思想ではなく、災害時の被害を最小化する『減災』の考え方が重要」

 政府の復興構想会議が2011年6月25日に発表した提言に「…

残り 2227文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより