三沢に二つ目のF35A飛行隊 さらに21機配備へ

第301飛行隊の編成を記念して開かれた式典(三沢基地提供)

 航空自衛隊三沢基地(三沢市)で15日、ステルス戦闘機F35Aを運用する第301飛行隊が新たに編成された。2018年から同基地に配備が進む最新鋭機の二つ目の飛行隊となる。百里基地(茨城県小美玉市)にあったF4戦闘機の部隊名を引き継いだ。

 三沢基地には現在、21機のF35Aが所属。今後は半分に分けて運用し、当面は訓練を続ける。301飛行隊の新設に伴い、基地の定員は約180人増えた。空自は24年までさらに21機を同基地に配備する計画。

 新型コロナウイルス対策で出席者を限った記念式典が15日に開かれた。第3航空団司令の久保田隆裕空将補は「飛行隊の伝統を継承できることに誇りを持ち、F35Aの戦力化にまい進してほしい」と述べた。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る