閉じる

感染者の入院基準を明確化、年末年始の体制確認 宮城県が対策本部会議

 宮城県内で新型コロナウイルスの感染者が急増する状況を踏まえ、県は23日、対策本部会議を県庁で開いた。重症者や重症リスクを考慮した入院基準の明確化、年末年始の医療体制を確認。村井嘉浩知事は「通常の医療体制に影響が出ており、医療従事者の負担が大きくなっている。医療崩壊が危ぶまれる危機的な状況だ」と強調…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ