名取市の成人式、午前と午後の2回実施へ

 宮城県名取市の山田司郎市長は23日の定例記者会見で、来年1月10日の成人式について、現時点で延期や中止とせず、午前と午後の2回に分けて実施する方針を改めて示した。新型コロナウイルスの感染拡大で政府が緊急事態宣言を出した場合は中止する。来年1月4日に開催の可否を最終判断する。

 公募していた一般廃棄物最終処分場の建設候補地は、応募条件を満たした1件を軸に調整していることを明らかにした。庁内の検討委員会が条件付きで、建設候補地として可能と結論付けた。山田市長は「法的な問題などを整理している。着実に進めたい」と説明。年明けにも市議会に報告する方向で検討している。

 東日本大震災からの復旧・復興事業に活用するため、市が募集してきた寄付金は、今月末で受け付けを終了すると発表した。これまでの寄付金総額は延べ1609件、5億4342万円に上る。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る