FAQ

三鉄、6億円超赤字 コロナ影響、開業以来最大

 岩手県などが出資する第三セクターの三陸鉄道(岩手県宮古市)は23日、宮古市で取締役会を開き、経常損失が6億791万円の赤字になるとの2020年度決算見通しを報告した。赤字は27年連続で、赤字幅は1984年の開業以来最大。新型コロナウイルスの影響で運賃収入が大きく落ち込んだことなどが影響した。

 当期…

残り 181文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る