猫の「らぶ駅長」と記念撮影 コロナで結婚式断念の夫婦 会津鉄道・芦ノ牧温泉駅

らぶ駅長と記念撮影する弓良さん夫妻=25日、会津若松市の会津鉄道芦ノ牧温泉駅

 新型コロナウイルスの感染拡大で結婚式を断念したカップルが25日、会津若松市の会津鉄道芦ノ牧温泉駅で、猫の「らぶ駅長」と記念撮影し、祝福された。

 記念撮影をしたのは東京都の会社員弓良(ゆみら)好孝さん(31)、奈都美(なつみ)さん(33)夫妻。駅舎前やホームで「らぶ駅長」と一緒にカメラに収まり、駅職員らが人生の節目を祝った。

 弓良さん夫妻は大の猫好きで、今年2月22日の「猫の日」に婚姻届を提出。結婚式を計画したが、コロナ禍のため、できなかった。

 「せめて思い出の地で、らぶ駅長と結婚記念の写真を撮りたい」。何度も2人で訪れた芦ノ牧温泉駅の小林美智子駅長に相談した。普段は一般の撮影や抱っこは禁止だが「一生に一度の事。良い思い出になれば」と特別に許可された。

 弓良さん夫妻は「すてきなクリスマスプレゼント。夢をかなえてもらい、本当にうれしい」と感謝した。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る