一関・健康の森にテレワーク室 温泉とスキー場利用「ワーケーション」期待

デスク、収納型ベッドなどを配備したテレワーク室

 一関市営の研修施設「いちのせき健康の森」に、テレワーク室が設置された。市中心部から車で40分ほど走った山あいの温泉地にあり、スキー場を併設する。市は仕事と休暇を兼ねる「ワーケーション」での利用をPRしている。
 2人用、4人用の合計6室があり、広さは全て約23平方メートル。デスク、無線通信Wi-Fi、プリンター、金庫、収納型ベッドが配備されている。
 料金は大人1人利用で日帰り300円。宿泊は素泊まり3200円、朝夕2食付きが4550円で、2人以上や連泊によって割引がある。
 風呂は源泉掛け流し。近くの旅館「祭畤(まつるべ)温泉かみくら」と温泉を共用している。併設のスキー場「祭畤スノーランド」は建物と直結し、初級者、上級者向けの2コースがある。スキー場の利用料金は別途かかる。
 連絡先は、いちのせき健康の森0191(39)2020。

関連タグ

先頭に戻る