東松島市長選 現職の渥美氏が出馬正式表明

 任期満了に伴う東松島市長選(4月18日告示、25日投開票)で、現職の渥美巌氏(73)は8日の定例記者会見で、再選を目指して無所属で立候補することを正式に表明した。

 渥美氏は「この4年間でさまざまな政策の種をまいた。2期目で結果という果実を取りたい」と述べた。昨年12月に策定した市第2次総合計画後期基本計画の実現を掲げて「最大の課題である人口減少を食い止め、地方創生のトップランナーを目指す」と語った。

 渥美氏は東松島市出身。石巻商高卒。旧矢本町職員を経て1995年4月から県議を連続6期務めた。2017年の市長選で新人2人を破り、初当選した。

 市長選で立候補を表明したのは渥美氏が初めて。現時点で他に立候補の動きは見られない。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る