大仙市がサケ受精卵を無償提供 不漁の宮古市に35万粒

 秋田県大仙市は12日、サケ漁の不振が続く友好交流都市の宮古市へ受精卵35万粒を無償で提供する。内陸に位置する大仙市は、日本海から雄物川をさかのぼったサケを取る漁が盛ん。卵確保が難しくなった宮古市を支援する。

 提供するのは雄物川の支流で採卵し、受精させて目が見えるまで育った「発眼卵」。大仙市職員らが…

残り 288文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ