雪の華 門出祝う 仙台・成人式

雪の残るピッチの上で、誓いの言葉を述べる新成人の代表=10日午後2時15分ごろ、ユアテックスタジアム仙台

 11日の成人の日を前に、東北各地で10日、成人式が行われた。新型コロナウイルス感染拡大が続く中、振り袖やスーツとともにマスクを身に着けた新成人は門出を迎えた喜びを分かち合い、一層の成長を誓った。

 東日本大震災発生当時、小学4年生だった新成人。津波や東京電力福島第1原発事故の被災地では命の尊さをかみしめ、古里の復興への決意を胸に刻んだ。

 新型コロナの影響で、仙台市の成人式はユアテックスタジアム仙台(泉区)を会場とし、約4400人が参加した。震災の犠牲者に黙とうをささげ、新成人の代表が「自身の夢に向かって歩み続ける」と述べた。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る