FAQ

「縄文号」で温泉へようこそ 秋田内陸線、新型車両を導入

 秋田内陸線を運行する秋田内陸縦貫鉄道(秋田県北秋田市)は、沿線に点在する縄文遺跡群と温泉を生かした誘客に力を入れる。13日には北秋田市内の伊勢堂岱(いせどうたい)遺跡の縄文土器から着想を得た新観光車両「秋田縄文号」の運行を開始。3月13日には市内の阿仁前田駅の名前を「阿仁前田温泉駅」に変え、地域の…

残り 393文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る