閉じる

福島の聖火ランナーが辞退 森氏発言受け申し入れ

 東京五輪の聖火リレーで福島県のランナーに決定していた福島県田村市都路町の会社社長坪倉新治さん(57)が、五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の女性蔑視発言を受けランナーを辞退する意向を組織委に伝えていたことが分かった。

 9日に森氏の発言を謝罪するメールが組織委から届き、返信する形で辞退を申し…

残り 257文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集