福島の聖火ランナーが辞退 森氏発言受け申し入れ

 東京五輪の聖火リレーで福島県のランナーに決定していた福島県田村市都路町の会社社長坪倉新治さん(57)が、五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の女性蔑視発言を受けランナーを辞退する意向を組織委に伝えていたことが分かった。

 9日に森氏の発言を謝罪するメールが組織委から届き、返信する形で辞退を申し出た。一部国会議員が森氏を擁護しているのが納得できないといい、「声を上げないと容認したことになる。ランナーの夢を引き換えにしても社会を変えたい」という趣旨の文章を返信に添えた。

 都路町は東京電力福島第1原発事故で一部が避難指示区域に指定された。坪倉さんは取材に「福島は原発事故で差別を受けた経緯もあり、差別につながる発言は容認できない。組織委はわれわれが納得できる見解を改めて示すべきだ」と話した。

 3月25日に同県楢葉、広野両町のサッカー施設Jヴィレッジを出発する聖火リレーで、坪倉さんは3日目に走る予定だった。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る