仙台の小中学校など107校、15日は給食中止

 仙台市教委は14日、宮城、福島両県で震度6強を観測した13日の地震で、市内5カ所の学校給食センターに被害があり、市立小中学校と仙台青陵中等教育学校の計107校で、15日の給食提供を中止すると明らかにした。児童生徒には弁当を持参するよう求める。

 給食センターの被害は天井材の落下や壁の亀裂、水漏れなど。16日以降の給食提供は施設の点検結果を踏まえて判断する。単独調理校も多少の被害はあったものの、15日から全校で給食を提供できるという。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る