水道安定供給へ災害支援で連携 宮城県とコンサル協定

協定書を手にする(左から)遠藤副知事、高橋支部長、桜井管理者

 宮城県と県企業局は19日、全国上下水道コンサルタント協会東北支部(仙台市)と災害時の技術支援協定を締結した。県内の上下水道と工業用水が被災した際、協会加盟のコンサルが被災状況の調査や応急復旧の測量に当たる。

 既に同様の協定を結んだ仙台市を除く、県内34市町村と石巻地方広域水道企業団が対象となる。災害査定の資料作成などにも取り組む。

 県庁で締結式があり、高橋郁支部長は「宮城は常に災害への備えが必要な地域。円滑な支援ができるよう技術力の向上を図る」とあいさつした。

 遠藤信哉副知事は「大災害時に迅速で高度な技術支援に担ってもらえる」と期待。桜井雅之県公営企業管理者は「安定的な上下水道の供給を継続するための意義ある協定だ」と述べた。

 支部は建設コンサルなど22社が加盟している。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る