東北楽天、練習試合でヤクルトに敗れる

4回に登板し、3者連続三振に仕留めた東北楽天の内間

 東北楽天は21日、沖縄県浦添市民球場でヤクルトと練習試合を行い、2-5で敗れた。
 先発したドラフト3位の藤井(ENEOS)は2回2失点。2番手酒居、3番手のドラフト3位内間(亜大)、4番手引地、5番手西口、7番手津留崎は、いずれも1回を無得点に抑えた。6番手釜田は1回2失点、8番手寺岡は1回1失点だった。
 打線は0-4の八回に村林の左犠飛で1点を返し、九回にも1点を加えた。
 同県金武町ベースボールスタジアムの1軍練習にはブセニッツが合流した。
 2軍は同県うるま市で行っていたキャンプを打ち上げた。三木2軍監督は「各選手が練習量をしっかり確保しながらも、質にこだわった練習ができた」と総括した。今後は宮崎県へ移動し、練習試合などを行う予定。

東北楽天000000011-2
ヤクルト020000201-5
(特別ルールで九回裏も実施)
(東)藤井、酒居、内間、引地、西口、釜田、津留崎、寺岡-下妻、石原
(ヤ)石川、木沢、山野、石山、清水、梅野-中村、松本直

先頭に戻る