ベガルタ宮崎キャンプ ミニゲームで連係を確認

ミニゲームでシュートを放つ関口(左から2人目)

 J1仙台は宮崎市での3次キャンプ第10日の24日、県総合運動公園陸上競技場で約2時間練習した。4対4でのボール保持や2対2の速攻の練習に続き、実戦形式のミニゲームで連係を確認した。MFの関口が精力的に動き、攻守に存在感を発揮した。

 23日の練習で脚を痛めたFW赤崎が休養した。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る