仙台市、マイナカード休日交付スタート 各区役所に窓口開設

申請者が交付を受ける青葉区役所の窓口

 仙台市は27日、マイナンバーカードの休日交付窓口を各区役所に開設した。総務省がカード未取得者にQRコード付き申請書を送付したことに伴う交付件数の増加に対応。今後も月2回程度、休日に窓口を設ける。
 青葉区役所では、受付窓口と交付窓口をそれぞれ4カ所設置し、スタッフ8人が対応した。事前予約制のため1世帯20分ほどで手続きが完了し、この日は23世帯27人にカードを交付した。
 窓口を訪れた青葉区の会社員小松優一さん(51)は「平日は仕事でカードの受け取りが難しいので、休日の窓口開設はとても助かる。交付までの流れもスムーズでよかった」と話した。
 時間は午前9時~午後1時。申請後に届く交付決定通知書のIDを使用し、専用サイトでの予約が必要。3月は14、28日が開設日となっている。
 市によると、2月21日時点の市内のカード交付率は28・2%。市内81万人にQRコード付きの申請書が送付され、申請数の増加を見込む。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る