閉じる

線虫使ったがん検査、仙台で始まる

 線虫の嗅覚を利用してがんの早期発見につなげる検査の受け付けが、仙台市で始まった。

 がん患者の尿には近づき、健常者の尿からは離れるという線虫の特性を利用し、ヒロツバイオサイエンス(東京)が検査技法「N-NOSE(エヌノーズ)」を開発。昨年から首都圏などで検査が始まり、東北では今回が初めてとなる。

 希…

残り 226文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ