東北楽天オープン戦 打線3回以降沈黙、巨人に逆転負け

5回、坂本(左)に中越えソロを許した東北楽天先発の早川

 東北楽天は先発早川が崩れて逆転負け。3-0の一回無死二、三塁から坂本の右犠飛や連続短長打などで追い付かれた。四、五回にはソロを浴び、五回途中5失点で降板。七、八回は救援陣が計3点を奪われた。

 打線は一回1死二、三塁から島内の中前打などで3点を先取。3-3の二回は辰己の右越えソロで勝ち越したが、三回以降は1安打無得点に抑えられた。

 巨人は3本塁打を含む11安打を放ち、救援4投手が完璧に封じた。

 巨人-東北楽天(14時、東京ドーム、4,991人)
東北楽天310000000-4
巨  人30011021×-8
(勝)今村2試合1勝
(敗)早川3試合2敗1S
(本)辰己1号(1)(今村)中島1号(1)(早川)坂本1号(1)(早川)若林2号(1)(内間)

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る