選抜高校野球 仙台育英、1点守る 2投手でつなぎ難敵零封

明徳義塾―仙台育英 4回途中に登板し、明徳義塾打線を無安打無得点に抑えた仙台育英の2番手・伊藤(岩野一英撮影)

 第93回選抜高校野球大会は19日、甲子園球場で開幕した。

 開会式に続いて1回戦3試合が行われ、仙台育英のほか、神戸国際大付(兵庫)高崎健康福祉大高崎(群馬)が勝って、2回戦に進出した
 仙台育英は明徳義塾(高知)を1-0で下した。2人の継投で1安打に封じた。

 神戸国際大付は北海(北海道)に延長十回、3-2でサヨナラ勝ち。関がサヨナラ打を放った。

 高崎健康福祉大高崎は下関国際(山口)に6-2で快勝。高松が3安打2失点で完投した。

 ▽1回戦(第2試合)
明徳義塾(高知)000000000-0
仙台育英(宮城)01000000✕-1

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る