「ガンバロー」も個人演説会もNG コロナ下、我慢の市長選

間隔を空けて座り、石巻市長選の立候補者に拍手を送る支持者。各陣営はコロナ対策に苦労している=18日

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う「まん延防止等重点措置」が宮城県内に適用される中、石巻、栗原両市長選(25日投開票)の各候補者陣営が新型コロナとの戦いも強いられている。訴えを広げるには個人演説会や動員が欠かせないが、感染確認を招けば陣営への打撃につながりかねず、控える候補者も。支持獲得と3密回避というジレンマを抱え、各陣営とも対応に苦慮している。

 石巻市長選が告示された18日。ある陣営は出陣式の会場で、詰め掛けた支持者が間隔を取って座れるようにパイプ椅子を設置した。

 大きな声を上げる「ガンバロー」コールも中止。人さし指と親指でつくった小さなハートマークを全員で掲げ、気勢を上げた。

 選挙戦術にも苦渋がにじむ。石巻市長選のある陣営によると、100~200人規模の演説会を市内各所で開くのが選挙戦の定番だが、今回は3密を避けるため見送った。

 選対幹部は「演説会に来た人数を地区ごとに競い合う傾向がある。陣営も有権者も士気が高まる方法なのだが…」と唇をかむ。今回は遊説中に街頭演説の機会を多く設けるという。

 候補者や運転手、スタッフがほぼ一日中行動を共にする選挙カー内は3密になりがちで、感染拡大の原因ともなりかねない。

 栗原市長選のある候補者陣営は感染防止に最大限の注意を払う。車内は運転席と後部座席の間仕切りを設置。手指消毒を徹底し、マイクの共用を禁止した。

 陣営幹部の一人は「昼食の時間も短くしてなるべく会話しないようにしている」と念を入れる。

 コロナ禍の選挙戦を好機とみる向きもある。

 栗原市長選の候補者応援に駆け付けた日本維新の会の鈴木宗男参院議員は、有権者に集会や演説会への参加を無理に働き掛ける必要はないと強調。「街頭演説は選挙の原点。相手の目を見て政策を訴える根本に立ち返るいい機会だ」と持論を語った。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る