栗原市長選、現職と新人の一騎打ち

栗原市長選の立候補者(右から届け出順)

 任期満了に伴う宮城県栗原市長選が18日告示され、いずれも無所属で、再選を目指す現職千葉健司氏(64)と新人の元副市長佐藤智氏(64)が立候補を届け出た。42票差の大接戦となった4年前の選挙と同じ顔触れとなった。

 千葉氏は「新型コロナ対策を最優先に市政運営に当たりたい」と継続を強調。佐藤氏は「財政運営を見直し、教育と子育て支援を手厚くする」と刷新を訴える。

 17日現在の有権者は5万7298人。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る