石巻市長選告示、4新人の争いに

石巻市長選の立候補者(右から届け出順)

 任期満了に伴う宮城県石巻市長選は18日告示され、いずれも無所属新人で、元市包括ケアセンター所長で医師の長(ちょう)純一氏(54)、元自民党衆院議員で医師の勝沼栄明氏(46)、市議の阿部和芳氏(61)、元県議の斎藤正美氏(66)=自民・立民推薦=の4人が立候補を届け出た。3期目の亀山紘市長(78)は引退する。現市政による東日本大震災の復興政策への評価などが争点になる。
 長氏は地域包括ケアを主軸にした市政運営を通じ、福祉、介護分野で女性の就労機会をつくることを目指す。勝沼氏は保育制度の充実や高校生までの医療費無償化を掲げ、若い子育て世代への支援強化を訴える。阿部氏は人口減少に対応するため、若者や女性の雇用創出に向けた企業誘致や起業支援に力を注ぐ。斎藤氏は次世代通信規格「5G」の環境整備を進め、リモートワークなどによる若者定住を狙う。
 3月1日現在の有権者は12万1140人。

[略歴の見方] 氏名(敬称略)、年齢(投票日25日基準の満年齢)、党派、現新別、当選回数、現職もしくは代表的な肩書、かっこ内に主な経歴(丸数字は当選回数)、本籍地もしくは出身地、最終学歴の順。四角囲み文字は推薦党派

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

第68回春季東北地区高校野球
宮城大会 組み合わせ表

先頭に戻る