東北楽天、きょうからオリックス戦 岸「アウト一つ一つ」

27日の登板に向けて調整する岸(右)。左は涌井

 東北楽天は27日から、オリックスと敵地の京セラドーム(大阪市)で対戦する。新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の影響で試合は無観客で行われ、29日の3戦目が延期となる日程変更で、当初予定されていた過酷な9連戦を免れた。

 26日は楽天生命パーク宮城(仙台市)で、27日に登板予定の岸ら先発投手陣が練習し、ランニングやキャッチボールなどで体を動かした。岸は「ランナーをためての一発に気を付けたい。そういう打者の前になるべくランナーを出さず、一つ一つアウトを取っていきたい」と話した。

 オリックス2連戦の後は、30日からロッテ、ソフトバンクとの6連戦に臨む。29日のオリックス戦に先発登板する予定だった滝中は、5月3日のソフトバンク戦に回る見通し。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る