菊地氏の仙台市長選出馬 自民党市連、対応決まらず

 任期満了に伴う仙台市長選(7月18日告示、8月1日投開票)で、自民党市連は6日、青葉区の県連事務所で臨時総会を開いた。出馬意思を固めた党市議の菊地崇良氏(52)を支援するかどうか対応は決まらず、14日に改めて協議する。

 臨時総会は非公開で行われた。出席者によると、菊地氏は新型コロナウイルス対策や教育、福祉分野の考え方を説明し「(選挙で掲げる)政策づくりに協力してほしい」と呼び掛けた。

 応援する姿勢を示した市議が一定数いた半面、多くは態度を明らかにしなかった。現職の郡和子氏(64)による市政運営の是非を議論し「市民に選択肢を示すべきだ」「郡氏に勝てるのか」などの声が上がった。

 終了後、渡辺博会長は取材に応じ「郡氏を評価している市議もいるし、評価しない市議もいる。市連の対応決定は全会一致が望ましいが、難しいかもしれないとも思う。一番いい収束点を探りたい」と語った。

 郡氏は再選出馬が確実とみられるが、態度を明らかにしていない。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る