東北楽天、追い付かれ引き分け

5回3失点で降板した東北楽天先発の岸=2021年5月11日、楽天生命パーク宮城(藤井かをり撮影)

 東北楽天は接戦の末、今季8度目の引き分け。

 先発岸は一回、森に先制の右越え2ランを浴びた。3-2の四回にはスパンジェンバーグの右犠飛で追い付かれ、5回3失点で降板。六回以降は救援陣が無失点にしのいだ。打線は島内が一回に2点二塁打を放ち、三回にも適時打で計3打点と気を吐いた。四回以降は散発2安打とつながりを欠いた。

 西武は六、九回の得点機を生かせなかった。 

東北楽天-西武7回戦(東北楽天5勝2分、18時、楽天生命パーク宮城、5,128人)
西武  200100000ー3
東北楽天201000000ー3
 (9回規定により引き分け)

▽本塁打 森5号(2)(岸)

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る