春季高校野球宮城 仙台育英など準々決勝へ

仙台育英ー利府 5回裏のピンチに利府の2番手吉田日(右)を励ます捕手下村=仙台市民

 第68回春季東北地区高校野球宮城県大会は19日、仙台市民、石巻市民両球場で3回戦3試合があり、仙台育英、日本ウェルネス宮城、柴田が準々決勝に勝ち進んだ。仙台一は対戦校の仙台城南が出場を辞退したため不戦勝。

 20日は両球場で3回戦4試合が行われる。観戦者の上限は両球場ともに3000人。

宮城大会 勝ち上がり表
河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る