【動画】仙台一高の女子団長、定期戦で凱歌を上げる

応援歌を歌いながら伝統の旗振りを披露する応援団長の鎌形さん=2021年6月1日午後1時45分ごろ、仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城
2/2

 バンカラで知られる仙台一高応援団初の女性団長、鎌形真咲さん(17)=3年=が1日、楽天生命パーク宮城(仙台市宮城野区)であった仙台二高との定期戦で伝統の演舞を披露した。
 定期戦は新型コロナウイルスの影響で2年ぶり。強い日差しの下、鎌形さんは旗を振りながらエールを送った。
 試合は仙台一が終盤の8回に逆転、6―3で仙台二を3年ぶりに下した。団長として最初で最後の定期戦で凱歌(がいか)を歌い上げた鎌形さん。「最高の一言に尽きる。この勝利が応援団に入るきっかけになってくれれば」と喜んだ。
 昨年9月から定期戦だけを見据えて練習を重ねてきたという鎌形さん。勝利をかみしめながら「女子の歴史は浅いけど、歴史はつくっていける。応援団で一高の校風を体現してほしい」と後輩たちに呼び掛けた。
(編集局コンテンツセンター・佐藤琢磨)

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る