B2仙台 桶谷監督退任へ

桶谷 大監督

 バスケットボール男子、B2仙台の桶谷大監督(43)が、就任3季目の今季限りで退任することが8日、分かった。後任はB1の監督経験者を軸に人選が進められている。

 桶谷氏はbj琉球を2度のリーグ優勝に導いた経歴を買われ、2018年に仙台の監督に就任。B1復帰を託された。

 初年度は東地区2位で昇格プレーオフ進出を逃した。昨季は終盤戦まで東地区首位だったものの、新型コロナウイルスの感染拡大でシーズンが打ち切られ、昇格を懸けたプレーオフが開催されなかった。

 今季は開幕5連勝と好調な滑り出しを見せながら、主力のけがが相次いで東地区4位に終わった。ワイルドカードで進出したプレーオフは初戦の準々決勝で西地区首位の西宮を破った。準決勝は茨城に屈して昇格を果たせなかった。

 桶谷監督は京都府出身。bj岩手、B1大阪の監督も歴任した。

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る