B2仙台ブースター「よく頑張った」 仙台でプレーオフPV

好機でシュートが外れ、残念がるブースター=16日午後4時5分ごろ、仙台市太白区のゼビオアリーナ仙台

 バスケットボール男子、B2仙台のプレーオフ準決勝、茨城戦の第2戦に合わせ、パブリックビューイング(PV)が16日、仙台市太白区のゼビオアリーナ仙台であった。仙台は78-81で2戦先勝方式を2敗とし、5季ぶりのB1復帰を逃したが、集まったブースター(ファン)は選手たちの奮闘に惜しみない拍手を送った。

 メインアリーナ天井に立体ビジョンがつり下げられ、約150人が試合会場のアダストリアみとアリーナ(水戸市)からの中継を見守った。最後まで接戦が続き、声援の代わりにスティックバルーンを打ち鳴らして応援。放送で「ゴーゴー! ナイナーズ!」の掛け声も流れ、会場を盛り上げた。

 仙台市青葉区の会社員斎藤文人さん(54)は、けがで離脱したナッシュの背番号2のバッジをTシャツに着けて応援。「戦力がそろわない中、若手を中心によく頑張った。残念だが、来季の活躍に期待したい」と語った。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る