新型コロナ 青森・岩手・山形・福島の感染者(8日)

青森10人

 青森県などは8日、20~70代、80歳以上の男女10人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認は計2436人。
 10人の居住地は弘前保健所管内4人、上十三保健所(十和田市)管内3人、五所川原保健所管内2人、青森市1人。2人の感染経路が分かっていない。
 日本原燃の核燃料サイクル施設(六ケ所村)のクラスター(感染者集団)は1人増え、計8人になった。
 5、6月の陽性者7人から、感染力が強いとされる「N501Y」変異株が検出され、計86人になった。6月の全感染者に占める「N501Y」変異株の割合は推計で42%。

岩手6人

 岩手県と盛岡市は8日、20~60代の男女6人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認は計1516人。
 新規感染者の内訳は、盛岡市が県外在住者を含む4人、県央保健所(八幡平市など7市町)管内と中部保健所(花巻市)管内が各1人。

山形1人

 山形県は8日、上山市の30代女性1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。重症ではない。1桁の感染確認は12日連続で、累計は2000人。山形市は「N501Y」変異株が1件確認されたことを公表し、計205件に増えた。

福島6人

 福島県は8日、40~80代の男女6人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。内訳は二本松市2人、会津若松市、いわき市、大玉村、天栄村各1人。県内の感染者は計4662人。いわき市の高齢者施設で発生したクラスターは新たに利用者1人が感染し計6人となった。

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る